どうしても返せない時には | 債務整理で借金を楽に返済できるようにしよう。

債務整理で借金を楽に返済できるようにしよう。

どうしても返せない時には

財布を持っている女性

債務整理を弁護士や司法書士に依頼した場合には、どうにかしてこの人の借金をきちんと返せるようにしてあげよう……そのように思いながら弁護士や司法書士は債務整理の手続きを進めてくれます。
しかし、収入と借金を比較した際に、この人の借金はどうやっても返済できないような借金である……という風に判断されてしまった時など、弁護士や司法書士が幾ら頑張っても借金を返せるようにすることができない……という状況も発生する可能性があります。
そのようなどうしようもない状況になってしまった時、弁護士や司法書士は依頼者にあるものの手続きを行わないか……と勧めてきます。
その手続きとは何かというと、自己破産と呼ばれる物の手続きです。

この自己破産という物は、言葉自体は聞いたことがある……という人もいるでしょう。
この自己破産が一体どのようなものなのかというと、これは今手元にある借金をすべて帳消し……つまり0円にする、というものです。
なので、この自己破産を行えば、今手元に何百、何千、何億と借金があったとしても、その全てを帳消し……つまり0円にすることができるのです。

しかし、その代償として財産の没収や社会的地位の損失といった、とても大きな代償が発生してしまいます。
なので、もしこの自己破産を勧められた時には結果と代償を良く考え、その上で自己破産を行うかどうか……というのを考えるようにしましょう。

人気記事

貯金する

任意整理で返済しやすく

お金を数える

どうしても返せない時には

財布を持っている女性

レビューで選ぼう

預金通帳を計算

辛い借金を返済しやすく

貯金箱の画像